記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェーンカラーの使用方法・サイズについて

犬のしつけに最適は道具『チェーンカラー』。プロも必ず使用している程で、その効果は絶大です。
しかし、正しい使い方をしなければ、効果は半減してしまいます。かといっても、商品自体によくある説明書などといったものは、存在しません。

そこで、基本的な使い方について教えていきたいと思います。

★サイズの測り方

チェーンカラーを選ぶ際に一番大切なのは『サイズ』です。頭に入らない程小さいサイズや、、大きすぎて首からすぐに抜けてしまうのは意味がありません。

しかし、チェーンカラーのサイズは1mmの違いで何種類もありどれを選べばいいのか迷うところです。
選ぶ基準は下図の図②を参照にしてもらうと分かりますが、首でサイズを測ってしまうと首よりも太い部分、頭周りが通らないといった事になってしまいます。

チェーンカラーを選ぶ際は必ず頭周りを基準にして測る事がポイントです。

そして頭周りと首のサイズが余りにも違う為に図①に示しているA部(首から垂れる部分)が余ってしまった場合、図③のようにホームセンター等で売っているキーリングをこれ以上広がらないでほしい部分に付けます。こうする事によってキーリングがチェーンカラーの輪の部分にひっかかりそれ以上広がるという事はありません。

実際にチェーンカラー選び方の例を一つ挙げてみたいと思います。
2.5x400サイズのものを選ぶとします。2.5mmx400mmという事になりますね。この2.5mmは一つのリングの直径。400mmがチェーンカラーの最大の長さという事になります。

このチェーンカラーにピッタリ合う頭の寸法は、頭周り(図②参照)に+5cmのサイズが基準となりますので、頭周りが350mmのサイズの犬が適当という事です。もちろん中には首のサイズが細い犬や太い犬等いると思うので、図③のようにキーリングで微調整してもらえば良いと思います。

chain.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tny

Author:tny
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。